【完売】Vocal Crossing @Kochi

ジャンルレスに名曲を色んな組み合わせで歌うといういたってシンプルなコンセプト。
東京発の声の交差点、ついに高知に出現!

日時:2017年5月3日(水)18:00開場18:30開演
会場:星ヶ岡アートヴィレッヂ(高知市横内153-1 tel.088-843-8572)
入場料:全席自由 前売り3,000円 当日3,500円(完売しました)
※ドリンク別売いたします〈アルコールあり〉。
※駐車場に限りがあります。なるだけ乗り合わせてお越しください。

前売り券販売所:かるぽーとミュージアムショップ、高新プレイガイド
主催: 国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
お問い合わせ:吉田 090-6488-8401


■プロフィール

永田ジョージ(piano)
1976年フロリダ州で生まれ、日本・英国・米国の三カ国で過ごし18歳で帰国。クラシックピアノを4歳から始め、大学からジャズピアニストとしての演奏活動を開始。敬愛するオスカー・ピーターソンおよびベニー・グリーンに倣い、心地よいグルーヴ感とリリカルなフレージングをモットーとするようになる。
2007年、自身のパフォーマンス・プロジェクト”Groove Pockets”を活動の核として、ジャズ、ボサノバ、ポップス、ライブペイントと多ジャンルに渡るアーティストとのパフォーマンスを重ねる。2012年6月に独立。独自の切り口でのジャズ&ブラジリアンをベースとしたアルバムをリリースしつつ、ライブペインティング、華道、演劇、舞踊等音楽以外の表現者とも積極的にコラボレーションを行う。2016年11月、インストバンド「いちむじん」のピアニストとしてキングレコードから40歳のメジャーデビュー。近頃はアメリカに加えてスイス、デンマーク、フランス、マレーシア、インドネシアを旅し、世界各国で観たノスタルジックな風景、波乗りを通じて感じる自然の心地よさを音に取り入れる。

伊藤大輔(vocal)
1980年2月28日、埼玉県所沢市生まれ。2002年頃より、JAZZクラブでの活動を始める。
Jazz、Pops、Classic、日本語、完全即興からオリジナル楽曲まで、ジャンルにとらわれずに歌を紡ぐ。また、エフェクターとマイク1本でパフォーマンスを行なう、“Voice Solo”をライフワークとするなど、歌い手としての”声”を追求する音楽活動を、日本全国で展開中。
レギュラーで活動するユニットは、阿部篤志(P)とのデュオ”音の葉∞言の葉”、山田友和(Tp,鍵盤ハーモニカ)とのデュオ”いぶきさらさ”金子雄太(Hammond B-3)とのデュオ”The Pedal Point”、永田ジョージ(Pf)、鈴木直人(Gt)とのトリオ”Triple Standard”など。また、矢幅歩(Vo)虎徹(Vo)Kai(Vp)とのアカペラグループ、”鱧人-HamojiN-”の一員でもある。
“旅芸人”を活動のスタンスの基盤にしており、首都圏での演奏に加えて、年間約200本の地方公演をコンスタントに行っているほか、近年はサンフランシスコ、香港、スイス・ヌーシャテル、マレーシア・ペナンのフェスティバルに招聘されるなど、海外公演も精力的に行っている。
時代やジャンルの枠を超えた、柔らかくも情感あふれる歌唱と、「知らない誰かではなく、自分の知っている人を増やしていく」という彼のスタンスは、幅広く支持されている。

矢幅歩(vocal)
1979年4月24日生まれ。大分県を故郷とし横浜に育つ。
ヴォーカリストの母親とフルート奏者の父親の影響を受け、幼児期よりジャズやブラックルーツミュージックの影響を受ける。
世界の様々な音楽を通して特に語学にも親しみ、高校時代に交換留学生として渡米、ヴォーカリストとしてバンド活動を開始。
1999年 に上智大学外国語学部イスパニア語学科に入学後、男性5声のアカペラコーラスグループ「AS ONE」にて活動。また、ジャズを原点としたソロ活動を在学時より始める。ソロアーティスト矢幅歩としての制作やライヴ活動の他に、ギラ・ジルカ(Vocal)とのツインヴォーカルジャズユニット「SOLO-DUO」、ソウル系バンド「ASΦKO」があり、他にもCMソングや作詞、ナレーション、など活動は多岐に渡り、ハスキーでいて伸びる独特なヴェルヴェットヴォイスはジャンルを超え人々を魅了している。

KOTETSU(vocal)
佐賀県佐賀市出身。10歳よりトロンボーンを始め、ブラスバンド部に入部。以後中学、高校と吹奏楽部で活動。
15歳で出会ったブラックミュージックに傾倒しボーカリストを志すようになる。洗足学園音楽大学音楽学部音楽科Jazz科に入学し、米国Berklee College of Musicに奨学金を得て留学、卒業。 2011年俳優の織田裕二主演映画”アンダルシア” 2013年福山雅治主演映画”ガリレオ ~真夏の方程式~”の劇中歌に起用。複数のコンペティションに置いて受賞暦を持つ。
2013年にはシンガー、マリーンのレコーディングやツアーに参加。2014年にはクリヤ・マコト、マリーンと共にロンドンで行なわれた “Tokyo Jazz Fest London 2014″に出演。 Jazz/R&B にスタンスを置いた自身のユニットでの演奏活動も精力的に行っており、代官山音楽院講師、洗足学園音楽大学非常勤講師も務める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です