World Music Night vol.36 大野俊三、清水末寿、EIJI TRIO

世界の音楽と料理を一度に楽しめる人気プログラムの第36回公演!
今回はジャズシーンの第一線で活躍するトランペッター・大野俊三と、サックス奏者・清水末寿を、高知が誇るピアノトリオ・EIJI TRIOが迎える極上のジャズセッションをお届けします!
会場ロビーにはおなじみの世界の料理ブースが多数出店!
今宵、かるぽーとが、最高のライブハウスになります!


2020年6月3日(水)18:00開場 19:00開演
高知市文化プラザかるぽーと小ホール

全席自由 前売り3,000円(当日3,500円)
※未就学児無料
※フード・ドリンク別

前売り券販売所
高知市文化プラザミュージアムショップ……088-883-5052
高新プレイガイド………………………………088-825-4335
高知県立県民文化ホール………………………088-824-5321
高知県立美術館ミュージアムショップ………088-866-7653
ローソンチケット(Lコード62320)

主催
国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
高知市文化プラザ共同企業体

お問い合わせ
090ー6488ー8401(吉田)
http://koku-pro.com


大野俊三(trumpet)
1949年岐阜県岐阜市出身。
1974年、アート・ブレイキーの誘いでニューヨークへ渡る。数々のジャズの偉人との共演を経て、1983年には ”ギル・エヴァンス・オーケストラ” に参加し、アルバム『バド・アンド・バード/ライブ・アット・スイート・ベイジル』で2度目のグラミー賞を受賞したほか、これまでに多くの賞を受賞する。
近年では、2014年、世界最大級の国際作曲コンペティション “International Songwriting Competition” において、宮本武蔵をイメージして作曲した「Musashi」が120ヵ国約2万人の応募作からグランプリ(総合最優秀賞)を獲得したほか、2016年の第38回 “Annual Jazz Station Awards/The Best Jazz of 2016” にてアルバム『ReNew』(Pulsebeats Records) が最優秀賞を受賞、2017年には”International Songwriting Competition”において 137カ国約1万6千人の中から、アルバム『home』(Pulsebeats Records) 収録の楽曲「Go On」がジャズ部門最優秀賞を受賞するなど、世界的な活動を続ける。

清水末寿 (t.sax)
1945年高知市出身。
1964年19歳の頃よりベーシストの兄の影響で高知市内のキャバレーで演奏活動を始める。 1970年〜大阪を中心に活動。1974年、東京に拠点を移す。 自己のグループ「メレンゲ」を結成。 以降 マル・ウォルドロン(p)、ハンニバル・M・ピーターソン(tp)、 ジョージ川口(ds)、 日野晧正(tp)、山下洋輔(p)、池田芳夫(b)、板橋文夫(p)、坂田明(as)、日野元彦(ds)、小山彰太(ds)、中村達也(ds)、伊藤君子(vo)、高瀬アキ(p)、他共演多数。
1979年、「池田芳夫(b)グループ」にて新宿JAZZ賞受賞。 1996年頃より活動の場を広島に移し、70歳を超えた今もなお、ジャンルを超え躍動する重厚で奥妙なサウンドに揺るぎのない評価を得ている。 広島市内jazzクラブ《Lush Life》を拠点として、広島のジャズ・音楽シーンの活性化を願い国内外から多くのミュージシャンと毎夜 熱い演奏を展開中

EIJI TRIO
2000年に結成されたジャズトリオ。ジャズのスタンダード、オリジナルを
中心に高知市のライブハウス等で、エネルギッシュな演奏を展開中。
2013年、初CD”Little Rain”をリリース。ジャズ喫茶「木馬」(tel. 088-822-3955)で好評発売中!
ジャズ喫茶「木馬」HP https://eiji-dr.wixsite.com/mokuba-jazz-kochi

吉川英治(drums)
高知市出身。
日野元彦氏に師事。
都内ライブハウスなどで演奏活動後、帰高。
現在 、 高知市のジャズ喫茶「木馬」を中心に、
EIJI TRIO、TROY STARS、パーカッションとのDUOなどで活動中。

西村公孝(bass)
土佐山田出身。
1987年より演奏活動開始。
1991年から4年間ニューヨークにて藤原清登氏に師事。
帰国後 EIJI TRIOをはじめ多方面で活動中。

福田 誠(piano)
中村市(現四万十市)出身。
大学在学中に辛島文雄氏に師事し、演奏活動を開始。
帰高後はビッグバンドなど数々のミュージシャンとセッションを重ね、
現在EIJI TRIOを中心に活動中。

World Music Night vol.35 鱧人

世界の音楽と料理を一度に楽しめる人気プログラムの第35回公演!
今回はボーカルシーンの第一線で活躍する4人が集う奇跡のアカペラユニット・鱧人による極上のハーモニーをお楽しみください。
会場ロビーにはおなじみの世界の料理ブースが多数出店!
ワイン片手に、ステキな歌声に酔いしれませんか?


2020年5月22日(金)18:00開場 19:00開演
高知市文化プラザかるぽーと小ホール

全席自由 前売り3,500円(当日4,000円)
※未就学児無料
※フード・ドリンク別

前売り券販売所
高知市文化プラザミュージアムショップ……088-883-5052
高新プレイガイド………………………………088-825-4335
高知県立県民文化ホール………………………088-824-5321
高知県立美術館ミュージアムショップ………088-866-7653
ローソンチケット(Lコード62316)

主催
国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
高知市文化プラザ共同企業体

お問い合わせ
090ー6488ー8401(吉田)
http://koku-pro.com


鱧人 -HamojiN-
ソリストとして異なる活躍を遂げる矢幅歩、KOTETSU、伊藤大輔、北村嘉一郎の男性4人によるアカペラ・コーラスユニット。
矢幅歩の声かけをきっかけに集まり、2015年11月24日、群馬の万座温泉「日進館」にて初共演を遂げて以降、ハーモニーだけでなく即興によるアカペラコーラスの可能性を追い求めている。
2017年に1stアルバム「WijiN〜其の壱〜」を2019年に2ndアルバム「Salad Bar」をリリース。
2018年には映画ドラゴンボール超「ブロリー」のテーマソングに参加するなど幅広い活動を続ける。

KOTETSU
10歳よりトロンボーンを始め、ブラスバンド部に入部。以後中学、高校と吹奏楽部で活動。15歳で出会ったブラックミュージックに傾倒しボーカリストを志すようになる。洗足学園音楽大学音楽学部音楽科Jazz科に入学し、米国Berklee College of Musicに奨学金を得て留学、卒業。 Jazz/R&Bにスタンスを置いた自身のユニットでの演奏活動も精力的に行っており、洗足学園音楽大学講師も務める。

伊藤大輔
旅するボーカリスト。ジャズ、ポップス、クラシック、英語、日本語、オリジナル楽曲から完全即興まで、ジャンルや時代を超えて幅広く歌を紡ぐ。ソロコンサートやゲスト出演の他、コラボユニットも展開、年間200本を超える公演をコンス􏰀ントに行う。近年はスイス、マレーシア、香港などのジャズフェスティバルやアカペラフェスティバルへの招聘も続き、海外にも活動の幅を広げる。柔らかく情感あふれる歌唱とトーク、ハイセンスなステージパフォーマンスは、幅広く支持されている。

矢幅歩
幼児期よりジャズやブラックルーツミュージックの影響を受ける。高校時代にアメリカへ交換留学、大学時代にスペインへ短期留学するなど、 主に語学に意欲的に取り組む。上智大学外国語学部に入学後、ジャズを原点としつつも様々な分野で活動を展開。ドラマの挿入歌、数々のアーティストとのコラボレーション、CMソング、作詞、ナレーションなど、活動は多岐に渡り、現在はソロとしての制作やライヴ活動の他、数々のジャズフェスティバルにも出演している。

KAI(北村嘉一郎)
幼少よりピアノに親しみ、早稲田大学在学中のにプロアカペラグループ「TRY-TONE」に加入。その後スウェーデンやオーストラリアのコーラスグループにも参加する。楽器に並ぶクオリティーと表現力豊かな演奏、特に吸うスネアを基本にしたバランスのとれた奏法が彼の持ち味であり、ボイスパーカッションのモデルの一つとして高い評価を受けている。2011年からは台湾に本部を置く国際アカペラNPO法人「Vocal Asia(ボー カルアジア)」の「日本代表」にも選任され、国際交流にも力を注ぐ。

【公演中止のお知らせ】World Music Night vol.34 フリースペル

新型コロナウイルスの感染拡大防止につきまして、この度政府の感染症対策本部の方針を受け、国内での感染拡大防止を第一に考えた結果、3月6日(金)に予定していました「ワールドミュージックナイトvol.34」は中止とさせていただきます。
本公演を楽しみにされていましたお客様には深くお詫び申し上げます。

チケットの払い戻しについてご案内します。

①会場受付での払い戻し
3月6日(金)18:00〜19:00の間、かるぽーと小ホールロビーにて、払戻窓口を設置します。
こちらにチケットをご持参いただいた方にはその場で現金でチケット代金を払い戻しさせていただきます。

②郵送での払い戻し
お客さまのお名前、電話番号、払い戻しを希望する銀行口座名及び口座番号を記載したメモと、チケットを封筒に入れ、3月31日(火)までに下記返送先にお送りください。
〒781−9529 高知市九反田2ー1 高知市文化プラザかるぽーと2階「ワールドミュージックナイト」係
内容確認次第、お客さまの銀行口座にチケット代金を払い戻しさせていただきます。

その他、ご不明な点につきましては、下記問い合わせ先までお願いします。
今後とも、高知市文化プラザ共同企業体ならびに国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクトをよろしくお願いします。

■お問い合わせ
国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
担当:吉田 090−6488−8401


世界の音楽と料理を一度に楽しめる人気プログラムの第34回公演!
メインアクトはヨーロッパの古楽を受継ぐスウェーデンのリコーダー集団、フリースペルによる、ニューメディーバルスタイル(新古楽)の演奏を、そして地元出演はアイリッシュの匂いを漂わせながら、どこにもないオリジナルの音楽を奏でるハナカタマサキによる演奏をお届けします!
会場ロビーにはおなじみの世界の料理ブースが多数出店!
ビール片手に北欧音楽の歴史と現在をお楽しみください!


2020年3月6日(金)18:00開場 19:00開演
高知市文化プラザかるぽーと小ホール

全席自由 前売り2,500円(当日3,000円)
※未就学児無料
※フード・ドリンク別

前売り券販売所
高知市文化プラザミュージアムショップ……088-883-5052
高新プレイガイド………………………………088-825-4335
高知県立県民文化ホール………………………088-824-5321
高知県立美術館ミュージアムショップ………088-866-7653
ローソンチケット(Lコード61373)

主催
国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
高知市文化プラザ共同企業体

お問い合わせ
090ー6488ー8401(吉田)
http://koku-pro.com

 


 

Frispel フリースペル

ヨーロッパの古楽を受継ぐスウェーデンのリコーダー集団
笛 × 笛 × 笛+パーカッション

スウェーデンは中世、それ以前の音楽がとても人気がある。フリースペルはその中でも結成20年を超えるキャリアで、最も著名なグループのひとつ。 長年スウェーデン全土のコンサートホール、教会、学校等で多くの公演を行ってきた。 特に中世だけでなく、北欧伝統音楽、世界の笛を取り込んだ独特な解釈がニューメディーバルスタイル(新古楽)のパイオニア的存在として知られている。 3人で何種類もの楽器を使う。北欧の笛だけでなく、ソプラノ・アルトリコーダー、フルート、1.6mもの巨大笛、小指ほどの世界最小のリコーダー、打楽器も演奏し、 古楽を難しく聴くのではなく、コンサート、エンタテイメントとして魅力ある楽しいステージショーとして構成されている。 音楽的には、中世音楽、北欧音楽をベースにアラビア音楽のリズム、南米の要素も取り入れるなどスパイスの効いた音楽にはっとさせられる。

ヨーラン・モンソン(リコーダー、パーカッション)
「北欧・笛の魔術師」と呼ばれ、スウェーデン文化賞など数多く受賞。また13度も来日公演を行っており、無印良品のアルバムなどにも参加。日本向けにスウェーデン伝統音楽の楽譜CD本を出すなど、多くのファンを持つ。

アグネータ・ヘルストローム(リコーダー、ディジュリドゥ)
室内音楽家としての経歴を持ち、様々なコンサートや演劇演奏家としてのツアーで世界を回る。オーストラリアツアー中にディジュリドゥと出会い、現在はスウェーデンを 代表する奏者となった。

クラウディア・ミュッレル(リコーダー、口琴)
スウェーデン・ストックホルム王立音楽大学を史上初のリコーダー奏者として卒業。王立音楽大学でも教鞭を取っている。民族音楽、ポップスとジャンルを問わず、様々なミュー ジシャンのコンサート、レコーディングにソリストとして参加。

このツアーには、ゲストとしてパーカッションプレイヤー イェスペル・ラングストロムも特別参加する。


ハナカタマサキ
身の回りの楽器を使って多重録音を繰り返し、ユニークな作曲方法によって実験的なポップミュージックを生み出す宅録作家。
テレビ番組やCM、舞台音楽なども手掛ける。
2019年3月6日には2ndアルバム『MARVEL』をリリース。
ライブでは北添紫光(パーカッション)、大村太一郎(コントラバス)、大村菜穂子(トイピアノ、グロッケン、etc)、前田力丸(ドラム、トイピアノ)を迎えてクインテット編成で演奏します。

World Music Night vol.33 スコット・ハミルトン & ジャズフレンズ

世界の音楽と料理を一度に楽しめる人気プログラムの第33回公演!
今回はジャズの歴史を伝承するテナーサックスの巨匠、スコット・ハミルトン率いるカルテットによる、極上のジャズをお届けします!
会場ロビーにはおなじみの世界の料理ブースが多数出店!
ここでしか食べられない料理を味わい、ここでしか聴けない音楽を聴いて、ちょっと大人な夜を過ごしませんか?


2019年10月31日(木)18:00開場 19:00開演
高知市文化プラザかるぽーと小ホール

全席自由 前売り5,000円(当日5,500円)
※未就学児無料
※フード・ドリンク別

前売り券販売所
高知市文化プラザミュージアムショップ……088-883-5052
高新プレイガイド………………………………088-825-4335
高知県立県民文化ホール………………………088-824-5321
ローソンチケット(Lコード62943)

主催
国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
高知市文化プラザ共同企業体

お問い合わせ
090ー6488ー8401(吉田)
http://koku-pro.com

 



スコット・ハミルトン(tenor sax)

1954年9月12日、ロードアイランド州プロヴィンス生まれ。フュージョン・ジャズ全盛期の70年代にレスター・ヤングやベン・ウェブスターの伝統を受け継ぐテナー・サックスのスタイルで第一線に躍り出てジャズ界にセンセーションを巻き起こした。76年、22歳の時にニューヨークに進出、すでに凄い人気で一躍寵児となりジョン・バンチの助けでフェーマス・ドア・レーベルに初吹き込みを行う。77年には、ベニー・グッドマン楽団のツアーに参加、益々人気出て、自分のカルテットも結成。同年、コンコード・レーベルのデビュー・アルバムを吹き込む。その後、同レーベルには40枚からのアルバムを吹き込んでいる。1,978年に初めて英国で演奏、その後、一時、英国に住んでいたが、今は、イタリアを拠点にヨーロッパ、日本、アメリカと世界を股にかけて活躍している。
2017年10月公演 スコットハミルトン “ライブ・アット・蔭凉寺”のCDを近日発売する。

 

森田 潔(Piano)
1959年、埼玉県出身。
徳山陽氏、Don Abney氏に師事。これまでに、レイモンド・コンデ(Cl)、福原彰(Tp)、原田イサム(Dr)他、多数の日本のジャズを牽引してきたミュージシャンと共演。また、テリー水島(Vo)、峰純子(Vo)各氏のレギュラーピアニストの他、真梨邑ケイ(Vo)、マルシアのコンサートツアーメンバー、海外から来日した歌手に指名され共演するなど、歌手から絶大なる信用をおかれている。レコーディングでのサポート、アレンジも多数。現在は、五十嵐明要(As)カルテットのほか、ホテル、ジャズクラブ、コンサート等で活動中。

 

Bruce Hamada ブルース・ハマダ (Bass / Vocal)
1957年12月12日ハワイ州ホノルル生まれの日系4世。ハワイに誇れる数多くのジャズアーティストと協演。巨匠レイ・ブラウンを崇拝し、ドラムの名手ジェフ・ハミルトンとブルースのリーダーアルバム「トウ・フォー・ザ・ロード」では、プレイ及び歌心が絶品と評判。富士通コンコード・ジャズフェスティバルのため数回来日している。2019年9月にマンハッタン・トランスファーの伴奏者として来日が決定している。

 

アキラ・タナ(Drums)
カリフォルニア生まれの日系2世。ハーバード大学、ニューイングランド音楽院を卒業。1979年よりニューヨークで活動し、ソニー・ロリンズ、ソニー・スティット、ミルト・ジャクソン、ジム・ホール、日本には、富士通コンコード・ジャズ・フェスティバルで有名なジム・ホール、ジュニア・マンストリオでも来日している。

World Music Night vol.32 Chalpasah

世界の音楽と料理を一度に楽しめる人気プログラムの第32回公演!

メインアクトは日本で唯一のアフガニスタン音楽を演奏する“ちゃるぱーさ”が、インドの横笛奏者・寺原太郎と、アフガンダンスユニット・Shrang Shrangを加えたスペシャル編成のステージ!
そして馬頭琴・ホーミー奏者として高知とモンゴルを繋ぐ岡林立哉による演奏をお届けします!
会場ロビーにはおなじみの世界の料理ブースが多数出店!
アフガニスタンとモンゴルの魅力を、音楽と料理とドリンクでお楽しみください!


2019年8月23日(金)18:00開場 19:00開演
高知市文化プラザかるぽーと小ホール

全席自由 前売り2,500円(当日3,000円)
※未就学児無料
※フード・ドリンク別

前売り券販売所
高知市文化プラザミュージアムショップ……088-883-5052
高新プレイガイド………………………………088-825-4335
高知県立県民文化ホール………………………088-824-5321
ローソンチケット(Lコード62583)

主催
国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
高知市文化プラザ共同企業体

お問い合わせ
090ー6488ー8401(吉田)
http://koku-pro.com


Chalpasah ちゃるぱーさ

2007年結成。ラバーブなど弦楽器担当の佐藤圭一と歌・パーカッション担当のやぎちさとによる、日本で唯一のアフガニスタン音楽を専門に演奏するユニット。日本全国で300回以上のコンサートを行う他、大使館やアフガン支援団体での演奏など、音楽を通してアフガニスタンの文化や歴史の紹介に努めている。


寺原太郎
インドの横笛バーンスリー奏者。インド古典音楽をシタール奏者アミット・ロイ氏に師事。映画「ブッダ」「るろうに剣心」等で挿入曲を演奏。各方面で幅広く活動中。


Afghani dance Shrang Shrang
あふがにだんすしゃらんしゃらん

2017年1月2日にChalpasahが来高したことがきっかけで結成された高知出身のMastanaと中井菜津美によるアフガンダンスユニット。Shrang Shrangは足につけた鈴の音という意味をもち、アフガン音楽ユニット「Chalpasah」と共演する他、アフガンポップスでのノリのいい踊りも披露し、様々なステージで活動中。



岡林立哉
名古屋市出身、いの町在住。1998年にモンゴルを旅し、ホーミーに出会う。以後、繰り返しモンゴルを訪れホーミー、馬頭琴、歌を学ぶ。2002年から約2年半、馬頭琴一本とバックパック一つでヨーロッパ、北米、南米を放浪、各国の音楽祭、芸術祭などで演奏、2004年帰国後は全国でソロ活動を展開。近年はカルマン、風の音楽家などのユニットでも活動をしている。2010年に高知を訪れ、その自然、人、食べ物、文化に惹かれ、翌年家族で移住した。

鱧人-HamojiN- 2nd album [Salad bar] release tour

ボーカルシーンの第一線で活躍する4人が集う奇跡のユニット。

4つの声のみで彩られる極上のハーモニーをお楽しみください。

日時
2019年6月24日(月)19:00開場 19:30開演

会場
蛸蔵(高知市南金田28)

料金
全席自由 前売り4,000円(当日4,500円)※ドリンク別
完売しました。

前売り券販売所
高新プレイガイド(

主催
国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト

お問い合わせ
090-6488-8401(吉田)


■プロフィール
KAI(北村嘉一郎)
楽器に並ぶクオリティーと表現力豊かな演奏、特に吸うスネアを基本にしたバランスのとれた奏法が彼の持ち味であり、ボイスパーカッションのモデルの一つとして高い評価を受けている。インストラクターとして、国内のみならず、韓国、台湾、香港、マカオ、中国など海外でも講義を行い好評を博している。2011年からは台湾に本部を置く国際アカペラNPO法人「Vocal Asia(ボーカルアジア)」の「日本代表」にも選任され、国際交流にも力を注ぐ。

KOTETSU
10歳よりトロンボーンを始め、ブラスバンド部に入部。以後中学、高校と吹奏楽部で活動。15歳で出会ったブラックミュージックに傾倒しボーカリストを志すようになる。洗足学園音楽大学音楽学部音楽科Jazz科に入学し、米国Berklee College of Musicに奨学金を得て留学、卒業。 Jazz/R&Bにスタンスを置いた自身のユニットでの演奏活動も精力的に行っており、洗足学園音楽大学講師も務める。

伊藤大輔
確かな実力と豊富な経験から、グループでのサウンドコーティネートや演出などを得意とする。 Jazz、Pops、Classic、日本語、完全即興からオリジナル楽曲まで、ジャンルにとらわれずに歌を紡ぐ。エフェクターとマイク1本での“Voice Solo”など、歌い手としての”声”を追求している。「旅芸人」を活動のスタンスの基盤にしており、首都圏はもちろん、年間約200本の地方公演をコンスタントに行っている。近年では海外にも活躍の幅を広げている。

矢幅歩
幼児期よりジャズやブラックルーツミュージックの影響を受ける。高校時代に交換留学生として渡米、ヴォーカリストとしてバンド活動を開始。ドラマの挿入歌、数々のアーティストとのコラボレーション、CMソング、作詞、ナレーションなど、活動は多岐に渡り、現在は、ソロとしての制作やライヴ活動の他、数々のジャズフェスティバルにも出演している。

World Music Night vol.31 ChikoKidoTomo

世界の音楽と料理を一度に楽しめる人気プログラムの第31回公演!

メインアクトはアフリカのミュージシャンと日本の人形作家の間に生まれた注目の女性ボーカリスト・Chikoと、鬼怒無月(Gu)とヤヒロトモヒロ(Per)の実力派ミュージシャンによるユニット・ChikoKidoTomoが、地元高知からはSandwich Parlour with 坂野志麻、そして田中基希と「歌」をフィーチャーしたスペシャルな演奏をお届けします!
会場ロビーにはおなじみの世界の料理ブースが多数出店!
ビール片手に、ステキな歌声に酔いしれませんか?


2019年5月29日(水)18:00開場 19:00開演
高知市文化プラザかるぽーと小ホール

全席自由 前売り2,500円(当日3,000円)
※未就学児無料
※フード・ドリンク別

前売り券販売所
高知市文化プラザミュージアムショップ……088-883-5052
高新プレイガイド………………………………088-825-4335
高知県立県民文化ホール………………………088-824-5321
ローソンチケット(Lコード61481)

主催
国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
高知市文化プラザ共同企業体

お問い合わせ
090ー6488ー8401(吉田)
http://koku-pro.com


ChikoKidoTomo

CHIKO/チコ(ヴォーカル)https://www.chiko1019.com/

父はアフリカ・コンゴ人ミュージシャンのB.Bモフラン、母は富山県魚津市出身の人形作家、松本昌子。高校 卒業後、音楽学校メーザーハウス、ヴォーカル科でCHAKA(元PSY・S)の指導を受ける。
父の母国コンゴ民主共和国に伝わる民謡などをベースにしたアフリカ音楽を中心に、ジャズ、ソウルなどのピアノの弾き語りで活動をはじめ、富山県内はもちろん県外でもコンサート活動を行い、彼女のパワフルな歌声で多くの人を魅了し続けている。 また歌手活動以外にも、富山に暮らす外国人に向けて「暮らしやすい富山」のセミナーや、富山と父の母国アフリカとの架け橋になりたいと、国際交流イベントも積極的に企画している。

Natsuki Kido/鬼怒無月(ギター)http://mabokido.web.fc2.com/

‘64年神奈川県出身。高校時代より音楽活動を始める。’90年に自己のグループ,ボンデージフルーツを結成、’94年にバイオリン奏者勝井祐二と共に発足したレーベル「まぼろしの世界」より現在までに最新作の「Bondagefruit6」(’05年2月発売)を含む6枚のアルバムを発表。ボンデージフルーツは’’98年”ScandinavianProgressive Rock Festival”、’99年にはサンフランシスコの”Prog Fest ’99″に招かれるなど海外での評価も高い。近年はアストル・ピアソラの最後のキンテートのピアニスト、パブロ・シーグレルのグループ、5枚目のアルバム「NULLSET]をスペースシャワーネットワークよりリリースしたクラシックギタリスト鈴木大介氏とのユニットThe Duo、コンテンポラリータンゴバンド”Salle Gaveau” また梅津和時、早川岳晴,ジョートランプという最強のラインナップによるハードJazz Rockバンド、KIKI BAND, 壷井彰久とのERA,吉田達也の是巨人、Zabadakのサポート等日々自己のギタースタイルを進化させ続ける異才ギタリスト。

Tomohiro Yahiro/ヤヒロトモヒロ(パーカッション)http://www.tomohiro-yahiro.com/

少年時代をカナリア諸島で過ごした異色の打楽器奏者。山下洋輔、向井滋春、板橋文夫、梅津和時等、多くのジャズ界を代表する音楽家との共演の他、伝説のアフロファンクバンド「じゃがたら」や「エスケン&ホットボンボンズ」のレギュラ-サポ-トを務める。「武満徹メモリアルコンサート」では、渡辺香津美、coba、鈴木大介と共にカーネギーホール等に出演。2010年からサイトウ・キネン・フェスティバル松本に3年連続出演。2016年ウーゴ・ファトルーソpfとのDuo「ドス・オリエンタレス」はウルグアイで在外公館長表彰受賞。2017年、2018年Pablo Zieglerの日本公演ツアー、渡辺香津美、沖仁の公演、岡本博文率いる「Okamoto Island」ツアーに参加する。金子飛鳥vlとの日亜混成バンド「GAIA CUATRO」、Dos Orientales、アルゼンチンのシンガーソングライター、フロレンシア・ルイスとの「flOr & The VinMush」、タイロン橋本vo,gとの「The Unforsaken」、2019年新星歌姫CHIKOとの活動を開始する等、多岐にわたり活躍中。

 


Sandwich Parlour

高知県を拠点に活動している2人組音楽ユニット。
世界中あらゆる場所で愛されるサンドイッチのように、形や味付けにしばられずいろんなテイストで身軽に気軽に楽しめる音楽をお届けします。

坂野志麻

高知県出身。2009年より持ち運びできる楽器が欲しかったというきっかけでアコーディオンを始める。飲食店でのBGM演奏の他、高齢者施設や幼稚園保育園や豪華客船での演奏、各種イベントに参加。現在、イオンモール高知内の楽器堂「OPUS」にてアコーディオン講師も勤める。 2010年自宅にて音楽教室を開設。ビストロシェカドで毎月第三水曜日に演奏している他、着ぐるみ演奏もやってます。


田中基希

ギター、マンドリン、鍵盤ハーモニカ、カセットテープや声を使い「情景が浮かぶ音楽」をテーマに即興演奏を交えたライブを展開している。
2015年はヨーロッパツアーを敢行。アーティストのアルバム参加、CM音楽、ダンスパフォーマンスとのコラボレーションなど幅広く活動中。

World Music Night vol.30 Sunday Karma

世界の音楽と料理を一度に楽しめる人気プログラムの第30回公演!

メインアクトはデンマークからトラッドな北欧音楽をお届けするSunday Karma、地元高知からは実力派アイリッシュバンド・グレイグースと、情景溢れる演奏で多くの聴衆を魅了する田中基希が出演!
おなじみのフードブースも多数出店するほか、さらに今回は第30回公演を記念して、来場者全員に記念品と1ドリンクをプレゼント!
節目の30回公演、素晴らしい音楽と美味しい料理を準備して待っているので、みんなでお祝いしにきてね!!


2019年4月6日(土)18:00開場 19:00開演
高知市文化プラザかるぽーと小ホール

全席自由 前売り2,500円(当日3,000円)
※未就学児無料

前売り券販売所
高知市文化プラザミュージアムショップ……088-883-5052
高新プレイガイド………………………………088-825-4335
高知県立県民文化ホール………………………088-824-5321
高知県立美術館ミュージアムショップ………088-866-7653
ローソンチケット(Lコード62943)

主催
国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
高知市文化プラザ共同企業体

お問い合わせ
090ー6488ー8401(吉田)
http://koku-pro.com


■プロフィール

Sunday Karma
デンマーク人とスウェーデン人によって構成されたバンド。メンバーは普段は違ったバンド活動をしているが、音楽を通じて北欧の文化を紹介するため2018年1月に結成された。

Perry Stenbäck : ヴォーカル、ギター、ニッケルハルパ
1970年スウェーデン、ストックホルム出身。ブルースを中心に伝統的なフォルケミュージックからクラッシック、ジャズ、カントリーミュージック、ロックまで幅広い演奏をする、グラミー賞受賞ギタリスト。1999年コペンハーゲン音楽アカデミーにて修士課程を卒業。これまでに150枚以上のレコード作品に参加し、多くの作品がデンマークグラミー賞にノミネート/授与。2010年にはデンマークベストギタリストに輝く。

Christine Dueholm :ドラム
1968年デンマーク、ヴァイラ出身。ドラマー、パーカッショニスト、シンガー、小説家、リズムインストラクター。The Banff Center for the Arts, Canadaで音楽やアートについて学び、複数のバンドメンバーとしてシンガーやバンドとして音楽活動する傍ら、94年よりデンマークリズム音楽アカデミーにて2000年まで講師を勤める。2016年よりデンユスクサングスコーレにて主に音楽講師、インストラクターとして勤務する。

Rasmus Skovgaard : ギター
1976年ユトランド半島Vejle生まれ。2000年オーフスミュージックスクール卒業後、フュン島音楽アカデミー進学。その後、スベンボー音楽カレッジ、オーデンセ音楽アカデミー、コーオップスクール、パフォーマンスホイスコーレにて音楽講師を勤める。 現在はオーラパフォーマンス高校の音楽講師として活躍。他にも様々なプロジェクト、バンド活動を通してカナダ、イングランド、アイルランド、スコットランド、フランスで多岐に活動中。

VibekeBeckett :ヴォーカル、ギター
2014年よりSunday Karmaのメンバーとして本格的に音楽活動をスタートする。その後バンドしてデンマーク国内でのコンサートや音楽活動を続け2017年ファーストアルバム、EPを発売する。彼女はコペンハーゲン大学保健科学部のロイヤル歯科学部の資格を持つ歯科医師でもあり、個人所有するクリニックでは機能的な治療から、美容的再建、手術まで広範な歯科学的治療を行う。

Robert Dueholm Stenbäck : ヴォーカル、バス
2000年デンマーク生まれ。音楽街道を突き進む最年少メンバー。メンバーのPerryとChirstineを両親にもつ音楽界のサラブレッドは今年秋より音楽会の卵たちが集う、コペンハーゲン音楽高校に通う。彼らからのサプライズソングで会場が盛り上がること間違いなし。


グレイグース
1999年、四国初のアイルランド音楽バンドとして結成。以来、県内外で演奏活動を展開。さらにアイルランド本国の演奏家や、アメリカ、オーストラリア、日本などで活躍する優れたアイルランド音楽演奏家らの演奏会を企画し共演を重ねてきた。メンバーはアイリッシュ・フルート、ホイッスルの北村剛、アイリッシュ・ハープ、コンサーティーナの千葉広恵、キーボードの北村真実に加え、松山市出身のフィドル(バイオリン)の近藤賢二と舞台に臨む。


田中基希
ギター、マンドリン、鍵盤ハーモニカ、カセットテープや声を使い「情景が浮かぶ音楽」をテーマに即興演奏を交えたライブを展開している。
2015年はヨーロッパツアーを敢行。アーティストのアルバム参加、CM音楽、ダンスパフォーマンスとのコラボレーションなど幅広く活動中。